제목   |  [11/26]「イカゲーム」追い抜き…ネトフリ韓国ドラマ「地獄が呼んでいる」公開翌日1位 작성일   |  2021-11-22 조회수   |  164

 

「イカゲーム」追い抜き…ネトフリ韓国ドラマ

「地獄が呼んでいる」公開翌日1位

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットフリックスのオリジナル韓国ドラマ「地獄が呼んでいる」が、公開から24時間で世界ドラマランキング1位を占め、勢いをあげた。8日間で1位を記録した「イカゲーム」と比べ、「地獄が呼んでいる」はたった一日でこれを達成したのだ。  

 21日、グローバルオンライン動画サービス(OTT)のプラットフォームコンテンツランキングサイト「フリックスパトロール」によると、19日に公開されたヨン・サンホ監督の「地獄が呼んでいる」は公開されて1日で「ネットフリックス・トップテレビショー」1位にのぼった。公開翌日に1位になったのは、韓国ネットフリックスのドラマ史上初めてのことだ。

 同ドラマは、韓国をはじめベルギー、香港、ジャマイカ、メキシコ、サウジアラビアなど24カ国で1位、デンマーク、フランス、インド、ブラジルなど17カ国で2位、米国、カナダ、トルコなどで3位となった。これまで1位をキープしていた「イカゲーム」は2位へと順位が1段階下がった。韓国放送2(KBS2)の時代劇「恋慕」も9位にランクインし、韓国のコンテンツ3つが世界ネットフリックスランキング10位圏に名を連ねた。

 ヨン監督はこの日、本紙の電話インタビューで「初日から1位になったので驚いた」とし、「『イカゲーム』が興行に成功したので韓国のコンテンツに対する関心が高まったことは分かっていたが、もう一度実感した」と感想を述べた。最近、同監督の作品である映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を再視聴する外国ファンも増えたと述べたヨン監督は、一気に1位になった秘訣として、テーマとジャンル的特性を挙げた。「生と死、罪と罰、どう生きるべきかなど、普遍的なテーマを扱った点と、私たちには馴染みがないが外国ではよく知られている『コズミックホラー』(全宇宙的恐怖)ジャンルというのが功を奏したようだ」と話した。  映画評論家のキム・ドフン氏は「アニメを演出する際、ヨン監督は残酷なほど韓国社会の矛盾と人々の精神的な恐慌状態を赤裸々に示したことがある」とし、「『地獄が呼んでいる』は希望というものを見出せないジャンル的な物語を、自分らしくうまく表現した作品」だと評価した。

 ヨン監督とウェブトゥーン作家のチェ・ギュソク氏が共同制作した同名のウェブトゥーンが原作の「地獄が呼んでいる」は、突然現れた地獄の使者が特定の時間に地獄行きを宣告し、予告された時間に使者が命を奪うことで、一瞬にして地獄に変わってしまった世界を描いた。「神の意図」と主張して世の中を掌握した新興宗教団体「新真理会」と、彼らに対立して事件の真実を明らかにする人々の話を扱った6部作ドラマだ。  ヨン監督は現在、ネットフリックス映画『ジョンイ』を撮影中だ。ロボットを扱ったSF映画で、来年下半期に公開する予定だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://news.yahoo.co.jp/articles/619ea35455075403e9c5fec3b87ddf0669b6a957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기